セルフが目指す社会貢献活動

リプレット基金事業財団

リプレット基金事業財団

セルフは、社会貢献活動を事業(持続的、発展的に行える仕組み)として捉え、
公平性、透明性を担保した持続的な支援活動を行っていくために
「一般財団法人 リプレット基金事業財団」に賛同しています。
セルフの製品すべてに100円の寄付金が設定されていて、会員の方に製品をご購入いただくごとに
リプレット基金事業財団に寄付されます。
この寄付金を原資として、様々な分野で必要とされている
子どもたちの未来を守る活動に支援が行われています。

児童養護施設に自転車を
寄付しています。

様々な理由で親と暮らせない子どもたち、約3万人が全国に601ある児童養護施設で生活しています。
家族と暮らす子ども達なら当たり前のように与えられる自転車も、ここでは1台の自転車を何人かが交代で使っています。
リプレット基金事業財団は、一人でも多くの児童養護施設の子どもたちが自分の自転車に乗り、
笑顔で未来を開くきっかけとなるように、全国の児童養護施設に向け自転車を贈っています。

セルフがご提供する社会貢献活動の仕組み

セルフがご提供する社会貢献活動の仕組み

①セルフの製品価格には、あらかじめ100円の寄付金が設定されています。そして、会員の方に製品をご購入いただくことにより、その100円が寄付されます。

②集められた寄付金は、リプレット基金事業財団を通じて様々な分野で支援を必要としている団体や地域へ寄付され、役立てられます。